当院の眼科機器

検査に関しては、通常の検眼や緑内障など多疾患に対応する視野検査・眼圧検査など様々な専門機器を導入しております。
診療体制を整え、患者様へスムーズな診療を心がけておりますので、お気軽にご来院ください。

細隙灯顕微鏡
細隙灯顕微鏡

眼の表面から眼底まで見通せる細隙灯顕微鏡は眼科診察において基本となる機器です。

オートレフケラトメーター
オートレフケラトメーター

屈折検査(近視、遠視、乱視の程度)・角膜曲率半径計測(角膜のカーブ)を速やかに行います。
正しい視力検査に必須の機器です。

ノンコンタクトトノメーター
ノンコンタクトトノメーター

「非接触式眼圧計」と言い、空気を目に当てることで眼圧(眼の硬さ)を測ります。
緑内障など眼圧と関連した疾患の発見に有用です。

無散瞳眼底カメラ
無散瞳眼底カメラ

視覚を刺激しない赤外線を当てて眼底を照明し、瞳孔が開いた状態で撮影ができるカメラです。

視野計
視野計

視野に異常をきたす疾患(緑内障や視神経炎・脳梗塞など)の発見・経過観察に必須の検査です。
短時間で自動的に視野の測定を行います。
この視野計はこれまで眼科医からの高い信頼を得ており、当院に導入された新機種では先進のITテクノロジーを取り入れ検査の更なる精度向上・スピードアップに貢献します。

光干渉断層計 RS-3000 Advance
光干渉断層計 RS-3000 Advance

光干渉断層計とは、主に網膜の構造を精密に検査するために開発された最新の検査機器です。
眼底カメラでは行えなかった、網膜の断面を見ることができます。
それによって、緑内障でも初期段階での診断が可能になり、黄斑疾患などの、正しい診断や治療方針の決定が可能になりました。

視力計
視力計

視力を測定します。

視力検査表
視力検査表